サンフランシスコの坂を車で駆け上った思い出
アイウィルスタッフが綴るトラベルトピックです。海外旅行、経済的な旅、楽しいたびのご参考にしてください。





サンフランシスコの坂を車で駆け上った思い出

旅のトピック・インデックス(過去の記事の一覧)


サンフランシスコの坂を車で駆け上った思い出


若き頃、といっても20代の後半。仕事でLAからサンフランシスコまで車でドライブして行った。初めてのカリフォルニアフォルニアのドライブ。長旅の最後、サンフランシスコの街の夜景が見えたときの感動したことったら…いまでも記憶に生々しい。

夜おそく到着して、ギャラリアパークホテルというお洒落なホテルに泊まった。なぜかというと、そこしか空いてなかったから。きれいでいいホテルだった。

次の日から取材開始の旅。写真撮影のため、街を車で行き来するのだけれど、サンフランシスコの坂は凄い急なスロープ。でもそれがなぜか楽しくて、ノブヒルのあたりまでを何度もスリルを味わいながら車で往来した。

今でもでもフェアモントホテルホテルクラブで割引あり)の美しさは覚えている。最初にノブヒルで見たときに、ああ、これがゴールドラッシュ時代のホテルなんだなあ…と感慨をもったものだ。

そして、坂を下りるよううにして向かったフィッシャーマンズワーフ。キングクラブ(蟹)を欲張るほどに食べて、海外の地の味を楽しんだ。

今でもサンフランシスコの想いでは数多いけれど、そのときの記憶はなぜか新鮮だ。初めて仕事で行って、四苦八苦しながら無事終えたこともある。そして、初めて車でアメリカを旅したこともある。

夜、バーに行って、ピアノの弾き語りを前に酒を飲んでいたけれど、そのシンガーの歌の巧さに驚いて、本場は凄いなあ、という思いでもそのとき改めて抱いた。

アメリカはいつも憧れの国だった。だから、いつでも何かに接するたびに憧れが胸を去来した。子供の頃の憧憬がアメリカに向かわせたこともある。アメリカ、それは僕の夢の国であり続けている。


アイウィルで案内しているホテル予約サイト・航空券予約サイト
激安ホテル予約サイト:ホテルクラブ ブッキングコム 旅ウェブ アゴダ Rate to Go






i-will top 旅のトピック・インデックス