海外旅行でクレジットカードを持っていると、実は得することがあります。まずは、海外旅行傷害保険がついているカードを持っているだけで、出発するたびにかかる保険料が実際にゼロになります。仮に1週間海外旅行に行って、傷害保険に入ると数千円から数万円の幅で費用がかかります。1ヵ月にもなるとその費用はさらに膨大です。しかし、クレジットカードには、旅行保険を付帯しているカードがあります。それを所持すれば平均で最大2ヶ月程度の旅行(カードにより異なります)で、保険がカバーされます。もちろん、保険内容はカードにより異なりますが、最近はしっかり保障内容も充実しているものが多いです。

その他、たとえばJCBカードはハワイのワイキキに支店がありますが、ハワイでのサービスは様々充実していて、特典が多くあります。JCBも含め、他にもビジネスクラスなどで利用できる空港ラウンジを使用できる特典などもあり、よく理解すると無視できない良い特典が実際に多くあります。

次にそのメリットなどをまとめてみましたので、出発前に準備しておくとメリットも多いはずです。


 
 

 
 
 
海外旅行傷害保険が付帯で旅のコスト削減

ホテルチェックインやレンタカーを借りるときに必要

身分証明書の代わりになることがある

海外で利用した場合、ポイントが多くつくことがある

海外支店のあるカードでは現地サービスが受けられる

空港ラウンジが使えるなど特典もある

     
     
   
   





 

copyright©2017~Current Hawaii Hotel Club all rights reserved