海外レストラン予約のグルヤクは使えるか?

海外グルメレストラン予約のグルヤクというサイトがあります。はたして便利でしょうか・・。

この予約システムの問題点は、たった一つです。利用者が一人あたり500円の予約料金を支払うことです。ということは、2名でいけば以1回の食事予約で1000円が、もし4名なら2000円が予約手数料としてしはらうことになるとうことです。さて、これで使いますか?

“海外レストラン予約のグルヤクは使えるか?” の続きを読む

バク・ワイキキ Baku Waikiki 2017年秋にインターナショナルマーケットプレースにオープン

インターナショナルマーケットプレースに2017年秋頃には、新しいレストランが入りそうです。バクワイキキ Baku Waikiki という名前になりそうですが、この店はすでにNYなどで営業していて、ハイクラスな店として人気のようです。ウェブサイトもありますが、非常に日本的なメニューも多いです。

**上のビデオはワイキキ店ではなく別の店を取材しています。

内容は日本スタイルで、炉辺焼きでの料理がメインとなっているそうです。確かに、今はNYあたりでかなり好評であるらしい記事も何度も目にしました。

炉辺焼きでシェフがアメリカ人ですので、はたして日本風かどうかはわかりません。ですが、素焼きの味は我々も好きなはずですので、旅でハワイにいっても楽しめるでしょう。

カウアイ島でちょっと人気のグルメツアー

 

ハワイにいってカウアイ島まで行く人は全体で10%にも満たないそうです。さすがに、他島に旅するとしてもマウイとかハワイ島のほうが多くて、カウアイはどうも後回しになっているような印象もあります。

ただ、一度行ってみるとカウアイはなかなか深いです。植物が多く、天気も変わりやすく、四季を感じます。そういう土地柄、食べ物も季節に応じて料理されているレストランなどもあります。

カウアウフードツアーというアトラクションがあります。これは、英語だけですが、ツアーに入って一緒にカウアイ島をまわって食事を楽しんだり農業の現場を見たり、さらにはシェフと話をしたりとグルメファンにはよいツアーです。トラック屋台から一流レストランまで体験できる幅は広いので楽しめます。

ハワイの食費高騰にCostcoコスコのホットドッグ $1.50

ハワイの食費が高くなった。それは昔からハワイに通っている人、住んでいる人ならなおさら感じることだろう。

それこそ20年前くらいなら、プレートランチは5ドルも出せば十分だった。レストランで食べるにしても、一人20ドルだせばそこそこいい食事ができた。それがいまや20ドルはプレートランチの価格だといっても嘘じゃないくらいの現実。

先日、とあるアメリカの雑誌で特集をしていて、ハワイの一番安い食事はなにかという記事があった。その答えは、Costcoのフードコートで食べるホットドッグということ。コストコ(現地ではコスコと発音する人のほうが多いと思う)でそのホットドッグを食べに行くと、さすがに驚く。なんといっても、価格が1ドル50セント。それだけじゃなく、その値段でソフトドリンクがついてきてしまう。

実際に食べてみると、結構ジューシーなホットドッグでしっかりおいしい。まずいこともない。それに加えて、ピザやサラダなども安い。

せっかく旅行でハワイにまでいってあまりに安い食事を探すのも寂しいかもしれない。だけど、長期滞在すると毎日外食で50ドルや100ドル使って生活するとなるとだんだん出費がかさんでくる。そんなときは、COSTCO?