モアナサーフライダーの夜のライトアップ

 




モアナサーフライダーはワイキキを歩いているとき、ふらっと立ち寄ってもなかなか素晴らしいホテル。

ワイキキのホテルは立ち寄りにくいホテルも多いけれど、このモアナサーフライダーやシェラトンワイキキ、ロイヤルハワイアンなどは少しコーヒーを飲みに逝くには優雅な時間を過ごせてハワイのいい思い出になる。

モアナサーフライダーは、昼だけでなくて夜もブルーにライトアップされていて、さすがにひときわ目立つ美しさ。

中庭ではライブ演奏もあったりで、ここでゆったりするのはなにも泊まっていなくても可能。

泊まってるならなおさらだけれど、ワイキキ散策に疲れたころにちょっと訪れて疲れを癒したいホテル。

すばらしいハワイ王朝時代の建築様式が雰囲気最高。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

シェラトンワイキキのプールで絶景と最上級の癒し

シェラトンワイキキは日本人旅行者の多くが使用するホテルのひとつだけれど、最近はアメリカ本土からの旅行者も相当増えた気がする。その昔は、9割くらい日本人なんじゃないかと思うこともしばしばだったけれど。

このホテルはもちろんハイクラスのホテルなのだけれど、個人的に最もすきなのがプール。特に海に絶壁のように位置したプールは(上のビデオ参照)、海を目の前に眺めて、左手にはダイヤモンドヘッドが雄大に迫ってくるような景色が楽しめる。

その絶景を眺めながら、ゆったりとプールに浮いていると、なにか天国のような雰囲気を味わえてまさに究極の癒しとなる。




混雑することもあるけれど、プール自体大きくなく、ある程度で満員になる。それでも、あまり騒々しいことはない。満員になってもみんな癒しが目的のプールなので、しずかにプクプク水面に浮くようにして時間を過ごしているだけ。だから満員でもあまり気にならない。うるさくないから。

シェラトンにはもうひとつプールがあるけれど、そちらは子供が遊んだりで家族で利用するゲストが多い。どちらもいいのだけれど、どうも最近はこの絶景&癒しプールがお気に入りで、プールサイドのガゼボやビーチベッドにゆったりしながらプールを楽しむのもなかなか素晴らしいホテルタイムとなる。

毎回こういうわけにはいかないけれど、シェラトンに泊まるなら利用しても損しないプール。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

海老ならブルーウォーター・シュリンプ

ブルーウォーター・シュリンプは、ハワイで大好評のガーリック味の海老を食べられる店だけれど、ここならオアフの裏側のカフクまでいかなくてOK。味も十分おいしく出来上がっている。

アラモアナセンターにあるってことで、これほど便利に上質の海老プレートが食べられるなら本当に助かる。ここの特徴として、海老のプレート以外にもステーキもあればアヒやマヒマヒなどの魚料理もある。それでどれもちゃんとおいしい。なかなか便利な店なのだ。




昨日はジョバンニズのシュリンプトラックのトピックを書いたけれど、あそこは老舗でこれからも人気だろうとは思う。わざわざレンタカーで出かけなくてもアラモアナで済ませられるってことか。

それで、このブルーウォーター・シュリンプは実はすでに横浜の馬車道に店をだしている。日本でも変わらぬ味らしい(友人談)。ハワイの味が恋しくなったらここもありか。本当に最近はハワイの店がどんどん日本にでてきていて、驚く。それだけハワイにグルメな店が増えたってことなんだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

ジョヴァニズ・シュリンプが異常な人気

ジョヴァニズ・シュリンプ・トラックは、オアフ島の裏側にあるカフクというエリアに出ているトラックの屋台。そこで、カフク名物の養殖海老で作ったプレートランチを販売している。

だが・・・・それがいまや恐ろしい勢いで売れている。はっきり言って売れすぎで混みすぎ。昼過ぎの2時や3時頃にいっても、30分待ちで食べるなんてことすらある。

最初にこのトラックをみつけて食べた15年も前は、混雑どころか食べてる人すらいなかった。それが、1年経ち2年経ちチラホラとまばらに食べてるひとが見えるようになって、ここ最近ではこのトラックに限らず多くの出店があって、そのどれもが結構混んでいるような状態だ。




15ドルもする単なる弁当で飲み物も入れたら2000円近くもかかるわけだ。それでも、旅人はこの海老を食べるために島の裏側にドライブして延々と並ぶ。それほどまでに美味いのか?・・・・まあ、美味いだろう。

実際に僕も何度も食べたので、リピーターの1人だ。でも、ここ最近はちょっと並ぶ気持ちもなくなってきたかな。とにかく、東京を抜け出してパラダイスにきても並んでまで2千円の弁当を食べたいかって・・・食べたい気持ちもあるけれど、どうもそこまで前向きになれなくもなってきた。

年取ったかな・・・昔なら並ぶのも楽しくてOKだったのかもしれない。

しかし・・・この屋台、借地だったとしても相当安いだろう。料理はほぼ1品のみだし、手間やコストを考えても、おそらく莫大な利益があがっているのは明白。最近のハワイは本当に化け物のようになるビジネスもしばしば見つかる。これも、そのひとつなんだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

馬鹿にできないフードパントリーのハイステーキ

ワイキキ滞在中にあまりお金をかけずにプレートランチでも食べようか・・・となっても最近のハワイはプレートランチでも15ドルくらいするので、決して安いわけではない。ただ、レストランにいくと不通に1人50ドルくらい軽くかかるので、毎日それもどうかと思う。

ワイキキでは、クヒオ通りにフードパントリーがあるけれど、そこにあるプレートランチ(テイクアウト)の店でハイステーキがある。これすでにご存知の人もおおいと思うけれど、割と評判がいい。 “馬鹿にできないフードパントリーのハイステーキ” の続きを読む

ハワイアン航空から見えた富士山

ハワイアン航空にはあまり乗らず、羽田よりも成田を利用していたせいだろうか。今回初めてハワイアンで帰国する際に、なかなか美しい富士山の光景をみることができた。

夜7時過ぎに到着する便だったために、日本にさしかかるころは暗くなっていたけれど、それで遠くに小さくシルエットで富士山がみえた。ビデオだとかなり小さいけれど、実際はそれでもやはり存在感はあるくらいしっかり大きく見えていた。

なんとも日本人だなあっておもった。富士山を見るとなにか嬉しくなるわけだから。

天気やルートにもよりけりなどだろうけれど、長い時間富士山が見えたまま飛行していたので、空の上の観光としてもとても楽しめた。

富士山は東京から西に向かう飛行機でも真上から見えたりするのだけれど、こうして遠くから見えるシルエットの富士山は、故郷に帰ってきたという変な感覚に陥った。

日本人の心、かな。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

金子半之助の天丼をハワイで食べる

金子半之助といえば、グルメな天麩羅ファンならすぐに日本橋の名店を思い出すはず。その名店がなんと、いまワイキキのど真ん中にある。

ワイキキ横町という日本食レストランの集合した一角がワイキキショッピングプラザ地下1階あり、その中にこの店も入っている。小さな店でおそらく20席か30席で満員になってしまいそうな日本型の天麩羅店。 “金子半之助の天丼をハワイで食べる” の続きを読む

ある老人にとってのインターナショナルマーケットプレース

最近ハワイに行ったときに、わけあって70歳くらいの人を連れて行った。彼は凄くハワイが好きなのに、ずっとハワイに行っていなかったので、いろいろなことが本当に久しぶりだった。

見るものすべてに驚いていたし、そのくらい大きな変化がワイキキにも他の場所にも起きていたっていうことなんだろう。

彼が一番強烈に驚いていたのがインターナショナルマーケットプレース。もし、その昔改修前のこの場所を知る人ならどれだけこの場所がセンスよくなって生まれ変わったかも知っているとおもう。 “ある老人にとってのインターナショナルマーケットプレース” の続きを読む

マハロハバーガーの実力

ハワイには、この数年でおいしいハンバーガーが増えてきた。その昔、クアアイナとテディーズビガーバーガーが先頭を争っていて他にあまり目立つバーガーがなかった時代をおもうと隔絶の感がある。

さて、今回のトピックはそのハンバーガーの中で、割と語られていないのではないか・・・というマハロハバーガー

正直なところ、ワイキキにいるとハンバーガーを食べるとなるとやはりテディーズを選ぶし、少しいいハンバーガーをとなるとレストランではあのチーズバーガーインパラダイスからトミーバハマ、ウルフガングパックステーキのハンバーガーなど、選択肢は一気に増える。そのため、実はなかなかマハロハバーガーを選んで食べていなかったりする。 “マハロハバーガーの実力” の続きを読む

ワイラナコーヒーハウスで朝食

ワイキキにいるときに、まれにこの店に行きます。

ワイラナコーヒーハウスという古いアメリカンスタイルの店ですが、確か24時間営業だったような・・・。私はほとんど朝しか使いませんが、何を食べるかというと、パンケーキかオムレツです。メニューは豊富なのでなにかしら好きなものがみつかります。 “ワイラナコーヒーハウスで朝食” の続きを読む