ジョヴァニズ・シュリンプが異常な人気

ジョヴァニズ・シュリンプ・トラックは、オアフ島の裏側にあるカフクというエリアに出ているトラックの屋台。そこで、カフク名物の養殖海老で作ったプレートランチを販売している。

だが・・・・それがいまや恐ろしい勢いで売れている。はっきり言って売れすぎで混みすぎ。昼過ぎの2時や3時頃にいっても、30分待ちで食べるなんてことすらある。

最初にこのトラックをみつけて食べた15年も前は、混雑どころか食べてる人すらいなかった。それが、1年経ち2年経ちチラホラとまばらに食べてるひとが見えるようになって、ここ最近ではこのトラックに限らず多くの出店があって、そのどれもが結構混んでいるような状態だ。




15ドルもする単なる弁当で飲み物も入れたら2000円近くもかかるわけだ。それでも、旅人はこの海老を食べるために島の裏側にドライブして延々と並ぶ。それほどまでに美味いのか?・・・・まあ、美味いだろう。

実際に僕も何度も食べたので、リピーターの1人だ。でも、ここ最近はちょっと並ぶ気持ちもなくなってきたかな。とにかく、東京を抜け出してパラダイスにきても並んでまで2千円の弁当を食べたいかって・・・食べたい気持ちもあるけれど、どうもそこまで前向きになれなくもなってきた。

年取ったかな・・・昔なら並ぶのも楽しくてOKだったのかもしれない。

しかし・・・この屋台、借地だったとしても相当安いだろう。料理はほぼ1品のみだし、手間やコストを考えても、おそらく莫大な利益があがっているのは明白。最近のハワイは本当に化け物のようになるビジネスもしばしば見つかる。これも、そのひとつなんだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。