ハワイでよく遭遇するはた迷惑な人

これは、自分自身の周りの人間の話しであって、特に1人が凄いってことなんだけれど・・・

何故に、ハワイは「俺こそ(私こそ)ハワイは誰よりも詳しく皆のものよりハワイについては優れている!」という雰囲気の人がいるのだろうか。

今まで結構数多く旅したし、数カ国住んだし、もちろんハワイにも住んだし、それで感想としては、この手の「自分はこの地では最高」という豪語する感覚の人が一番多いのがハワイ。

はっきり申し上げて疲れるタイプの人なわけだけれど、自分ではあまり気づいてないらしい。

笑うのは、その人が逆に他人が「俺こそハワイ」という態度をとっているのをみると、「それはお前だけのハワイだろう」とかいって気分を悪くしてる。なんとも・・・つまり、ハワイでは負けたくないってことなんだろう。この手はなんともガキっぽくてどうもダメ。

どんな初心者であっても、1度しかハワイに行っていなくても、その人が親しんでいてよく知るハワイなんていくらでもある。だから、それぞれの人がそれぞれのハワイの専門家なだけであって、誰よりもハワイを知っている人間なんて、結局関係ないし、いない。

1人、凄い思い込みの激しい人がいて、古くからのハワイを知っているからこそ誰よりも詳しいといいたげな口調でいつも話してくる。でも、話していると最近のハワイはかなり無知らしいのでちょっと笑わせてくれる。ばかばかしいけれど、それがその人のハワイプライドらしいので別にいい。ただ、ことあるごとに、そういう話になるので、やはりだんだん疲れ始まって距離を置くようになる。

何故、ハワイにはこういう人が時々出現するのだろう。おそらくそれだけハワイに思い入れが強くなるってことなんだろう。または、変な縄張り意識が出始まるってこともあるようだけど・・・特に仕事をしている人の間では。

単にハワイファンであってリラックスして「自分のハワイ」を楽しみたい個人としては、結構こういう人に遭遇すると疲れるし、ハワイの時間を壊されて迷惑な気分になる。

他の国でここまでの唯我独尊を念じる人々はいなかったなあ。こういうハワイはなんとも不思議な場所だけれど、それだけハワイが熱狂的な人を吸い寄せているってことも事実なんだろう。