ハワイアン航空はいいか・・悪いか・・

ハワイに渡航するとなると、どのエアラインを使うかがまた悩みますね。

前回は珍しく(初めて)ハワイアンを使いました。ハワイの航空会社なのでもちろん、飛行機に乗る段階からハワイの雰囲気になるのはやはりいいものです。ただ、それはあくまで自分の心の問題であって、ハワイアン航空がハワイ風かどうかというと、さほどハワイ一色の雰囲気でハワイまで乗っているわけでもないです。自分にとってはハワイアンのいいところはやはり値段が安いってことと、羽田発が使えるってことですね。

ただ、正直言えば、今回はハワイアンに対しては不満のほうが多かったですね。あくまで自分の体験上の話しですけれど。

まず、羽田から乗ったのですが、地上のスタッフがチェックインでも全く笑顔がない。というか、言葉が生意気そのもので参ったかな。いちいち言葉がとんがる。ああ、こういう人もいるんだな・・とおもって流していたら、ハワイで帰国便でチェックインするときは、もっとひどかった。客というより、物を割り振ってるような感じで、もう恐れ入りました。自分を担当したスタッフだけかな、とおもって眺めているとほとんどのスタッフがどうも・・・荒い。なにもかも荒い。ハワイのアロハスピリットなど、ほとんど感じなかった。

その上、機上では食事が最悪。正直なところ、ANAやJALの食事に慣れているととても食べたくなる味ではなかった。質も量も・・・もういいや、という感じで満足どころか不満いっぱいで終わりました。

まあ、少しだけよかったのは映画がひとつだけ面白かったことと、音楽で久しぶりにエアロスミスを楽しめたことか・・・。何故って、他に聞くものがないので、それしかなかっただけなんだけれど。ハワイアンもイマイチだったし、ジャズやクラシックなんてお粗末なリストしかなくて本当に参った・・・つまり、これも満足はしてないってことなんですけどね。

挙句に、勝手にこっちの座席が友人と予約していたはずが、離れ離れにされていて、苦情をいっても聞く耳もなく、125ドル払えばアッパーエコノミーが空いてるとか・・・なんとも、困った経験になりました。

ということで、ハワイアン航空はもう2度と乗らないことになりそうです。

それと、余談ですが、今はハワイの空港には麻薬犬がたくさんいて、列にならんでいると次々に何度も荷物のにおいを嗅ぎ付けにくる。10回くらいはきたかなあ。まあ、不審なものなど何ももってないけれど、なんともしつこいくらい。ちょっと鬱陶しい。近くにいた一人旅の女性が、犬にちょこんと座り込まれてしまって、結局取り調べ室につれていかれてしまった。悪い人はそれでしかたないけれど、あまりにしつこいのは疲れるわ。

ホノルル空港もいつになったら工事が終わるのか・・空港での時間がなんとも今はつまらない。

と、今回の記事は愚痴ネタになりました。