ハワイのホームレスが社会問題に

ハワイは楽園なので旅行しているといやなことは忘れてしまうほど。しかし、今ハワイで問題になっているのが、増加するホームレスです。

あのパラダイスのような島でホームレスが発生してしまう事情はなんともつらいニュースです。しかし、何故・・・

原因はいろいろあるでしょうけれど、最大の理由はアメリカ経済、世界経済のひずみとしかいいようがないです。もともと、ハワイはハワイ人の島であってその昔はホームレスなどはゼロでした。




しかし、アメリカ領になり「経済活動」というシステムに飲み込まれてから、お金がすべてを決する、という生活に変わったのです。お金があれば、すべてを手に入れることできてお金を持つものが有利になったのです。そして、その経済活動によって土地や家の価格は異常なまでに上昇し、最後には今までどおりに生活を続けてきたローカルがすべてを失っていったということでしょう。

善良に生きて、細々と生きていても、家があればそれに税金がかかり、生きるだけで社会保障費から様々な税が発生します。多額の税金となってくれば家や土地のような財産は手放さないとなりません。経済活動はこうして「今までどおりの生活」を崩壊させ、「もっともっと働いて消費する生活」じゃないと生きていけなくしてゆくわけです。

ハワイで幸せに代々生活してきた人にとっては、悪夢だったに違いありません。

しかし、この原因はアメリカだけではなく、ハワイを取り巻くすべての経済環境にあるということです。もちろん、日本も散々ハワイでお金を使って現地の経済を荒らしまくってきたので、原因の大きなパートを作ってしまっています。特にバブル期は、ハワイの土地や建物をどんどん購入して価格を吊り上げましたので、日本も当時は裏では相当嫌われていたことも事実です。日本の投資を受け取って喜ぶ人もいますが、大多数はそうではありません。

今、日本の土地が中国人に日々買い取られていってかなりの面積を中国資本に所有される時代になっていますが、それを「お金が儲かってよかった」と思う日本人はほとんどいません。よかったと思うのは、売り飛ばした不動産会社と一部の政治家くらいでしょう。




ハワイも同じことです。だから、ホームレスにとってアメリカも日本も、そしてハワイに来るすべての観光客も同じように迷惑なだけです。そっとしていおてほしいのに、どんどん環境を壊されて、最後に自分たちに被害がまわってきたことを、どこかで恨んでいるかもしれません。

ハワイは温暖なので、ホームレスも自給自足している人も多いようです。毎日、釣りをして魚をとって、バナナやマンゴーをみつけて食べて・・・・。それでなんとかなるのかもしれませんが、経済活動が華やかになるほど彼らは元の生活に戻ることが難しくなっていくのでしょう。平和なハワイ人だったのが、今はホームレスと呼ばれる不合理。

私もハワイに憧れていますが、この事実を知るとやはり心が痛みます。

 

余談ですが、日本でもこれからTPPで市場をもっと開放して世界の資本交流を行うとしてますが、それはハワイの運命と同じことを辿ります。まあ、これも書くときりがないので・・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ