ハワイホテルのリゾートフィーを節約する

いつからか、ハワイのホテルではリゾートフィーという料金が設定されています。すべてのホテルではないですが、おそらく8割から9割のハワイのホテルはゲストに対して1泊あたり20ドル位から30ドルくらいのリゾートフィーが宿泊料金と別途とられます。

つまり、州税が約14%かかる上にこの料金が別途とられ、さらにレンタカーまであるとたいていは1泊あたり20ドルから35ドルもの駐車場料金までとられます。笑い話でもなんでもなく、本当に最大値となると1泊100ドル近くもの宿泊費以外の料金がかかることだってあります。

5泊して合計500ドルも宿泊費以外でかかるという笑えない現実がハワイのホテルにはあります。さすがに昔の安い時代と比べると大変困ります。

ホテルではこのとおりですが、さらにコンドミニアムになると、1度滞在するとチェックアウトのときに清掃料金として100ドルから170ドルくらいさらに取られることもあります。




ハワイファンであるが故の愚痴ですが、何故にハワイのホテルはこんなに課金ばかりどんどん発生するようになってしまったのでしょうか。かつてのハワイのホテルは、滞在料金にしても1泊100ドルとなると結構いいホテルにとまれました。今は100ドルでは最低クラスのホテルになります。そして、かつて、宿泊料金以外では州税とせいぜい電話料金と冷蔵庫の飲み物代くらいでした。

もし、ハワイで滞在費を抑えたい場合、もちろん宿泊費そのものを安くするのが大前提ですが、こういった追加チャージをちゃんとチェックしておくことも実は大切です。

リゾートフィーのかからないホテルのサンプルを次に書いておきますが、ワイキキでも探すと何件かあります。

ヒルトン・ワイキキ・ビーチホテル
アラモアナホテル・バイ・マントラ
ヒルトン・ガーデン・イン・ワイキキビーチ
ハイアット・セントリック・ワイキキ・ビーチホテル

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ