モアナサーフライダーホテルに泊まるときに

モアナサーフライダー・ホテルは少しばかり事前に知っておくと特別な雰囲気に浸れるホテルです。このホテルはとても古い歴史があるので、その歴史と一緒に泊まるくらいの気持ちでちょうどいいホテルだと思います。

正直なところ、私も全くしらない過去の話です。

かつて、第二次世界大戦が終わり、1959年、ハワイがアメリカ領50番目の州になったことで、ハワイという島をアメリカ本土にも知らせるような番組ができました。それがハワイコールズというラジオの番組でした。

そして、その番組の放送の場所がこのモアナサーフライダー・ホテルだったわけです。白亜のホテルはそのころからすでに全米に知られ、ずっと憧れのホテルとして継続して今に至ります。

ハワイコールズは、日本でもアメリカ軍のラジオFENを通して一時聞くことができました。しかし、今では日本でハワイコールズを知る人はかなり少なくなっています。じだいのながれです。当然です。

そのためか、このホテルはあまり大きな改修を行わない傾向もあります。建物や館内のデザインなど、すべてが歴史そのものであるため、どうしても大きく変えることができないのでしょう。

しかし、一歩中にはいると変えないでいてくれて逆によかったとう気持ちになります。昔ながらの雰囲気があまりに素晴らしいからです。

このホテルに泊まると、多かれ少なかれ古さは感じるでしょう。しかし、ハワイの歴史を作ってきた故に残された古さはむしろ滞在の間、気持ちを古き良きハワイの時代にワープさせてくれると思います。

少しばかり知っておくと、このホテルがどれほど価値があるかわかって、泊まるだけでも嬉しくなりそうです。

下のビデオはテレビ化されたものです

モアナサーフライダー詳細

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ