ミツワ・マーケットプレースがインターナショナル・マーケット・プレースにある

ロサンゼルス、シカゴ、サンフランシスコ、ニューヨークなど今ではアメリカの大都市に店を持つようになったミツワ Mitsuwa Marketplaceですが、これが5月にワイキキのインターナショナル・マーケットプレースに開店してます。

もともと、アメリカロサンゼルスのトーランスという日本人が多いエリアでダイエーがスーパーをやっていたのですが、ダイエーが弊店してから勇士が引き継いでミツワとなったようです。

かつてロサンゼルスでダイエーを探してはるか遠くのトーランスまでドライブしたら、すでにダイエーはなくなっていて、きれいなミツワが燦然と輝いて存在してました。当時はまだ有名でもなかったですが、今では全米の都市で凄い人気のスーパーになってます。とにかく日本レベルに食品が新鮮で豊富、アメリカ人にしてみれば面白いアイテムも多いので一種のテーマパーク状態です。

で、それがワイキキに出てきました。

アメリカ本土と同じく、ラーメンの山頭火、天丼のエビスヤがフードコートにあります。どちらも本土では行列の人気ですが、ハワイでは和食は豊富なためか並ばないでも食べられることが多いです。味はなんとか日本の山頭火になってます。

ただ、料金は高いです。フードコートのラーメンや天丼に15ドル~20ドル近くとか・・・正直なところ高すぎます。うな丼にいたっては、29.99ドルでほぼ30ドルです。でも、出てくるのは真空パックをレンジで暖めた(恐らくそうです)タイプのうなぎです。よほど食べたければ別ですが、それなら帰国してからうなぎの名店にいって食べましょう。なにせ3300円も出すわけなので。

買い物としては、日本関連の商品がやはりかなり豊富です。

さしみ類、寿司やどんぶり物の弁当、日本酒、アイスクリーム(ガリガリ君もあり)、おにぎり屋もあり(しかし値段はやはり高いです)、スナック菓子は日本からの商品もあります。

滞在中、少し日本の味がほしくなったら出かけてみましょう。案外、見てるだけでも楽しめます。近くにフードパントリーというスーパーもありますが、そちらはハワイの昔からの店ですのでワイキキに泊まるたびにそれぞれ使い分けてます。

尚、インターナショナルマーケットプレースの隣にあるホリデイイン・ワイキキ・ビーチコマーはホリデイインになってから、随分きれいになってます。インターナショナルマーケットプレースは隣なので、泊まったときはミツワに毎日のように買い物に行きました。そのときはミツワができて本当に便利になったと感じました。