カラパナの曲で始まるハワイ風の朝

今朝はカラパナのザ・ハートで始めることにします。

これも名曲ですね。なにか1980年代のハワイって元気あったなあっていう、そんな気持ちにさせてくれる清々しくも力強い曲です。おそらくハワイでは知らない人いないんじゃないでしょうか、この曲。

今でもハワイで車乗ってると時々ラジオから流れてきます。車に乗っててこのナンバーを聞くと、最高にハワイの色に染まれるんですよねえ。

話は違いますが、これだけセンスのいい曲を作って歌っていたカラパナのリーダーは、すでに自殺により他界してます。

かなり薬などで私生活は崩れていたようですが、この歌声からは相像できません。凄い好きなミュージシャンだけに、そのニュースを知ったときは泣けました。

ハワイの友達が、昔ハワイの野球場に連れて行ってくれてました。そこでハワイウィンターリーグベースボールっていう新人育成の野球リーグがありました。今をときめくイチローもプロに入ったばかりだったので参加していました。見に行ったとき、バカスカヒットをう打っていたので良く覚えています。

野球を見ながらカラパナの話になりました。そのとき野球場観客は少なくガラガラだったのですが、カラパナがコンサートやると簡単にその野球場が一杯になるって話で驚きました。

カラパナは当然知ってましたが、そこまで人気あるって、凄いことだなあって。日本ではせいぜい今取り壊されそうな中野サンプラザホールあたりでコンサートやるのが当時やっとだったと思いますが、自分たちのホームではさすがですね。

カラパナはいつもハワイで聞いて過ごしていたので、カラパナの話を書き出すといくらでも出てきます。なので、ここで意味なし文章はストップしておきます。

では、よい1日を送りましょう。