ハワイへの渡航者、4.3%アップ&8.7%支出アップ

2017年の1月から6月までの半年で、ハワイには460万人の渡航者数となったようです。Hawaii Tourism Authorityによると、これは前年同期比で4.3%増加とのことで、お金の動きも8.7%総額で上昇しているようです。

オアフだけでなく全島に増加がみられるそうで、いいことです。アメリカ、日本、カナダなどが最も多くの旅行者となっているとのことですので、日本人ハワイファンとしても貢献度は大きいですね、相変わらず。

バブルの頃に比べると、年間100万人くらい減ったというデータもありますが、それでも日本人はハワイが圧倒的にすきな旅行先なのでしょう。

金額の増加については、なんともいえませんね。というのは、とにかくハワイは物価が上がりすぎているので。特にホテルのインフレはすごすぎです。昔ハワイにいっていた人からすると、倍以上になったホテル価格は悪夢ですね。

同時に、レストランも料金あがりすぎです。食事が高いから安くしようと思ってプレートランチでも選んでも、それでも15ドルとかかかってしまうことも。つまり2000円近くの高額な出費が、1回の弁当代に消えるって・・・なんともすごすぎじゃないでしょうかね。

ハワイは今後も隆盛を期待しますが、このままインフレだと日本人もだんだん行けなくなって、夢の旅行地になってしまうかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です