ワイキキ・カラカウア通りを夜にドライブしてみた




ワイキキは歩いて観光するほうが楽しい。それは事実。だけれども、せっかくレンタカーを借りたらば一度くらいワイキキのど真ん中を夜にドライブしてみるのもいい。結構ネオンがきれいで、なんとも別の顔をもったワイキキに出会える。

カラカウア通りは一方通行なので、それほど運転は難しくなく。車線も多く幅も広い。ただ、ひとつ注意は左側のレーンはしばしば客を降ろすタクシーや、助手席から降りる場合の一般車両の停車などで流れが止まる。

なので、自分としてはどこで左折したいか、またはずっと直進するかなど、予定はたてておいて走るほうが安全。目の前で突然止まったりされると、さすがに抜け出すのも大変だからだ。

交差点の映像が中にでてくるけれど、人が一気に渡り始まる横断歩道など、ワイキキの夜は本当に人混みが多くて喧騒を感じるくらい賑やかだ。

 

 

毎日1分ハワイ旅行 カイルアビーチの風景




カイルアビーチはオアフ島、またはハワイの中でも一番好きなビーチです。なので、滞在中は結構な回数出かけます。ワイキキは1度いくと十分なのですが、このビーチはあきないです。

白い砂浜がきれいで、その上なにかそこで遊ぶ人達が優雅な雰囲気があります。スポーツもカヤックやウインドサーフィンなど様々ありますが、とても楽しそうです。

この日は、そこで遊ぶ子供がとても楽しそうで可愛かったです。撮影OKだったのでしばらく録らせてもらいました。

 

 

ハワイに住みたいか?




その昔、少しだけハワイに住んでいたことがある。

今でも懐かしく思い出すし、やはり楽しい時間を過ごせたとおもう。今でもハワイに旅するたびにやはり長く滞在するのはいいなあ・・ともおもう。

では、またハワイに住みたいか?永住権をとったりアメリカ人になって永住するか?

自分なりに考えると答えは「永住はしない」ということになるのだろう。なぜだろう。やはり第一には日本が好きだからだ。ハワイに行ってあの気候の中でゆっくりするとハワイは最高だって思うし、日本に帰りたくないなあ・・とも思う。

だけれど、1ヵ月も過ぎると日本のほうが懐かしくなってくる。ハワイもいいけれど、だんだん「もう十分」という感じになってくるから不思議だ。

なぜだろう。あれほど楽しみにしてたハワイ滞在なのに、そんなに長く楽しさは持続しない。日本の楽しさは毎日持続するのだけれど。

僕にとっては、ハワイはやはりリゾートなんだろう。仕事をしたり、自分の趣味を深く楽しんだり、情報を得たり、人と会ったり・・・そういうことになると、ハワイより日本のほうが断然楽しくなる。ハワイはリゾートとしてノンビリ生きるなら最高の場所だけれど、その「ノンビリ」という感覚は僕は永遠には必要ないのだろうと思う。たまにノンビリするから最高に楽しいのだろう。

かつてニュージーランド、オーストラリア、カナダなどで数年間滞在したときも全く同じく感じた。それぞれすばらしい国だけれど、ノンビリ感満載で最後には飽きてしまった。

まあ、おそらくそういうタイプの人間でしかないので、これはハワイが悪いのではなく、自分の趣向がそういうことだっていう諦めもある。

それと、ハワイが長期滞在すると嫌になるもうひとつの理由は、世界が狭すぎることかな。とにかく、少し友人知人が増えてくると「日本人社会」にどんどんはまってしまう。避けられない。

そうなると、人の噂や陰口とか、場合によっては競合関係に陥ったり本当に疲れる。あそこで、真の友人を抱えるのは難しいんじゃないかってすら思うことがある。とにかく、必要のない付き合いが多いし、好き嫌いの話しも多い。

そこから逃げ出せない「ハワイの狭さ」といったら、最後には疲れきって日本にいるほうがよほど健康的に感じてしまうくらい。

ということで、おそらく永住もしないし、どれだけ長くいても3ヶ月で十分かなあとやはり思う。

ワイキキ東側を夜歩いてみる

夜のワイキキはにぎやかですが、この東側になると少し人通りは減ります。インターナショナルマーケットプレースあたりまで行くといつも人はたくさん歩いてます。

ホテルがカラカウア通り沿いだと、この程度の騒音はいつも窓越しに聞こえるかもしれません。防音がしっかりしてるホテルや高層フロアならほとんど気になりませんが、ホテルによりけりです。

このエリアは店が集中するエリアからも少しだけはずれていますので、歩いていると少し閑散とした雰囲気もあります。

ビデオに出てきますが、今は自転車も通り沿いでレンタルできるなど、ワイキキも行くたびに変わっています。




ワイマナロビーチの超かわいい犬




オアフ島の裏側にレンタカーをドライブして行って、ウサギ島を通り過ぎたあたりに出てくるローカルが好んでやってくるビーチがワイマナロビーチ。

ここは、混雑してもワイキキのような人口密度にはならないのでゆったりした時間を過ごすには結構いい。

このワイマナロビーチでなんとも心が和らぐような風景に出会った。ノンビリと幸せそうなファミリーと一緒にいた犬が眺めていると本当にかわいいのだ。

歩いてみたり寝転んでみたり、でもすぐにご主人様のところに戻ってきて一緒に寝転んでみたり。誰かがやってきては、尻尾を振って挨拶にいったり。

ご主人様はどうもゆっくり寝転んでいるのが好みらしいけれど、ご主人様の周りから離れずに海を眺めている犬の姿がなんともかわいかった。

いい家族なんだろうなあとしみじみおもった。

クイーンカピオラニホテル シティビュー・スタンダードルーム




今回の毎日1分ハワイ旅行ビデオは、カピオラニ公園の隣にあるクイーン・カピオラニ・ホテルです。2018年8月までは改装工事中ですので、部屋だけ紹介です。

といっても、このホテルのメリットは美しいカピオラニ公園とダイヤモンドヘッドが見える部屋なので、このシティビュールームは一番安い部屋になります。

ただ、部屋は広めでゆったり。リノベーションもしっかり終わっていますので、滞在は快適です。ひとつ難点は、この部屋は目の前にコンドがあるので、いつもカーテンを閉めておかないとならず大きな窓なのに少しもったいない感じです。

他は合格点ですね。部屋には冷蔵庫、机、ソファーがあり、USB充電ができるソケットが2口あります。コーヒーもしっかり補充してくれて、なかなか滞在は快適です。

景色重視ならやはりパークビュー(ダイヤモンドヘッドビュー)を予約しましょう。プールも素晴らしいのですが、工事中でした。しかし、リノベーションが終わったらプールは新装してかなりグレードアップしてくれそうです。

毎日1分ハワイ旅行 タンタラスの丘の夜景




ハワイの夜景をながめるにはどこがいいか、となると必ず候補にあがるのがこのタンタラスの丘。確かにきれいな街の灯が見える、いわゆるホノルルシティライツを楽しめる場所です。

ただ、ここだけは車じゃないといけないので、レンタカーを借りるかツアーに入ってバスで行くかになる。その昔はいつも誰もいない場所で危険すら感じることもあったけれど、今は評判も高くなって有名な観光地になっているのでたくさん車が駐車している。

おそらくは、大抵日本語が聞こえてくるので、日本人旅行者の間で特に人気なのだろうとおもう。

10分も滞在すれば十分だけれど、それだけのために行く価値はちゃんとある。きれいだらから。ホノルルの街を一望できるので広大なスケールで夜景が楽しめる。

昼間も景色はきれいなので、できるなら両方いってみたいところ。

毎日1分ハワイ旅行 曇り空の哀愁ハワイ ヒルトンハワイアンビレッジのビーチにて

ハワイの最近の天気はかなり曇り空が多く、どうも異常気象のような雰囲気が漂います。この日も、空はどんより雲がかかっていて、ハワイっぽくありませんでした。




あとでビデオを見てみると、なんとも哀愁感が漂っていて、これが本当にハワイかいな?とおもうような色になっていました。

いつもは真っ青な空と海しかイメージにないハワイなので、こういう光景はやはりあまりいいものでもないです。しかし、いつも元気いっぱいのハワイもいいですが、ちょっと力が抜けていきそうなこういうどんよりハワイも不思議に癒しになりました。

アウトリガービーチリゾートホテルの風景




アウトリガーリーフ・ワイキキビーチリゾートの映像です。

このホテルは、アウトリガーホテルの中でもトップクラスのステータスの位置付けになります。実際に、プールがきれいで大きく、レストランは評判も良く、そしてビーチがワイキキ中央の喧噪を離れますので、とても静かで恵まれています。

 

一度泊まってみると環境の良さにリピートする人も多いのですが、まだ日本人旅行者はさほど泊まっていません。アメリカ本土などの利用者なのか、白人系の利用者が圧倒的に目立ちます。

隣にトランプタワーホテルハレクラニヒルトンハワイアンビレッジなどが並ぶ、高級ホテルエリアでもあるので、各ホテルのレストランなど利用しやすく便利なことは間違いありません。

 

ハワイのアヒ(マグロ)刺身について




ハワイでマグロ(アヒ)の刺身を頼むと、写真のような感じのものが出てくる。もちろん、マグロの刺身で嘘ではないけれど、日本で食べているものとなんとなく少し違う。

とにかくあっさりしている。味が淡泊で、くせがなく、たべやすいけれど、どうもコクはない。もちろん脂のノリなどという期待はしないほうがいい。脂の乗ったトロなどがあまり好きでない人ならこっちのほうが気に入るだろうと思う。

聞くとこところによると、ハワイで水揚げされるマグロは日本のものと少し種類が違って、小型のサイズで赤身の味があっさりしているのだそうだ。

本格的な和食の店にいくと、日本で食べるマグロもちゃんとある。おそらく日本から空輸しているのでは、と思うけれど・・・。

この写真はチャートハウスで撮影したものだけれど、アメリカ型のレストラン(デュークスやフラグリルなど)に行くと刺身はほとんどこの手のマグロになる。