ハワイの歴史を教えてくれるビショップ博物館


ワイキキからも相当離れていて、レンタカーじゃないといけないし、バスで行くには出ている本数も少なくて結構面倒。ビショップ博物館はどちらかというと遠くて敬遠されがちな観光名所です。

ですが、この博物館は一度行っておく価値は大いにあります。ハワイの歴史や心を伝える博物館として、やはり貴重なものばかりです。ハワイを知りたいとき、歴史と成り立ちを細かく説明してくれているので、ミーハー的なハワイファンを卒業したころに訪れてみたい名所です。

歴史の案内もあれば、ハワイアンキルト教室もあった古典的りフラダンスも行われていたりで、深い興味をそそられると思います。

ハワイの文化といっても本当に幅広く、太平洋の歴史そのもののような深さをもった展示物に魅了されます。

ハワイで癒されるビーチ

ハワイは日本人旅行者の人気のスポットであることは変わりありませんが、もし、ハワイで癒しを追求するなら、一度オアフ島の裏側のビーチに出かけてみてください。バスも行っていますので、車がなくてもいけます。しかし、帰りになるとバスを待つのも大変でしょうから、できればレンタカーがいいかもしれません。

ハワイのビーチはもちろんどこでもきれいなのですが、この裏側のビーチの美しさはまさに天国の砂浜という印象です。真っ白な砂浜には、さわやかな太陽の光と活動的なウインドサーフィンの光景があります。ワイマナロ(写真)やカイルア、ラニカイなどはどこも美しいビーチです。

もし、ハワイに行ってこれまでと違った所に出かけたい、そしてまだこれらのビーチに行ったことがないなら、推薦できるスポットです。ハワイはそこにいるだけで間違いなく癒されて生きますが、このビーチで目に入るハワイは究極の五感の癒しとなるかもしれません。なにからなにまで癒されます。最高ですね。

もう一方の裏側のビーチですが、ヨコハマビーチという西側の突端の場所にあるビーチはひっそりとした美しさをかもし出します。

ただ、こちらは昼間も人影も少ないことに加えて、時々盗難なども起こるそうですので注意が必要です。それさえ注意するなら、このビーチの癒しもハワイのすばらしさです。

沖縄の癒しの旅


日本でも鬱やストレス病になりにくいエリアはあるのでしょうか?実は、絶好の癒しの場所が沖縄です。日本人にとってハワイやグアムよりも手軽なリゾートが沖縄です。もちろん、旅費も安いでしょう。問題は、沖縄は最も県民が長寿の県です。そして、その秘密もたずねてみるとわかるでしょう。

本土とはまったく違う生活観をもっているのです。食生活は自然食と豊富なたんぱく質、そして輝く健康的な太陽と美しいほどの空気。自然とともに生き、ペースを保って仕事をする。こんな生活ができる場所もあるわけです。

もちろん、移住するほどの動機はないとしても、時には日本の中の心のリゾートを訪れて見ましょう。沖縄独自の色と音楽を楽しむだけで、なにか心から鬱積したものが抜けていくでしょう。

沖縄は時々訪ねるようにしています。そこには、東京や大阪などの大都市ではめぐり合えない自然と共存できる精神が残っています。自分の生活リズムがおかしいから、心も悲鳴を上げます。癒しは難しいことではありません。元に戻るようにしてあげれば、心身は自然に向かって戻り始めます。人間とて、自然界の一部です。

沖縄は癒せます。