本文へスキップ

ハワイの音楽 Hawaiian Music ハワイホテルクラブ

My Radio Life In Hawaii ハワイでラジオの仕事privacy

                   

日本女性のハワイでのたくましさ
   
ハワイにいっててよく思ったのは
、ハワイにいる日本人では男より女性のほうが多いんじゃないかなあってこと。なぜかはわからないけれど、そういう分布図をよく感じた。

絶対的に多いのは女性の場合アメリカ人と結婚してハワイにいってるケース。これは男がアメリカ人と結婚するケースよりはるかに多い。次は、やっぱり「好きであるってこと」かな。男もハワイ好きはいくらでもいるけれど、女性のほうがなにか好きになると突撃精神でどんどん出かけて行って、仕事はみつけるし、場合によっては会社もつくって生活始めたり。そんなハワイパワーも感じたりした。

ハワイのラジオにいたころ、しばしば日本から「仕事したいので雇ってください」っていう日本人からの自発的応募があったのだけれど、まず9割以上女性だった。行動力もすごいけれど、とにかく「ハワイが好き」っていうスタンスが男の場合と違うってことなんだろう。

ハワイで仕事をしている日本人は、多かれ少なかれアメリカの文化のほうが日本の風土より自分に合っている人が多い。だから、当然行動的だったり自分の意見をはっきり言うことだったり、日本にいるときよりそういう傾向は強くなると思う。ハワイで出会った日本人、特に日本生まれで途中で移住した人達は、やはりどこか国を出てきたっていう気力や晩張りを体にみなぎらせていた。それは今ハワイで出会う日本人でもあまり変わらない。やはり、ハワイに移住するってことは、アメリカの文化に突撃する力がないとダメなんだろう。

僕はド日本人であって、超日本愛があるので、やはりハワイで仕事をしても住んでみても、日本人の習慣や文化は抜け出せない。ハワイは超大好きだけれど、ハワイにいっても片足は日本に残ってるし、魂と血は大和国に根ざしている。だから、僕はおそらくハワイに永住するってことはできないんだろう。

こんな具合だから、日本人女性のすごいパワーをハワイで見ると、ハワイの人・ハワイ文化になりきれるっていう姿に感銘すら覚えることがある。実際にそのある種捨て身の行動力は男じゃなかなか真似できないかもしれない。「会社があるから」とか、「仕事を見つけないと」とか、「英語では心配だ」とか、「保険はどうなるんだ」とか、ゴタゴタ考えてて行動に移せないってのは男のほうがよほど多いように感じる。実際に男でも感動的に凄い人はいるけれど、数で比較すればやはり女性のほうが多いと思う。

その多くの女性たちは、仕事も英語もハワイで体当たりでやっていくんだから・・・凄いなあって思う。

MAHALO & ALOHA !!
    Takeshi