本文へスキップ

ハワイの音楽 Hawaiian Music ハワイホテルクラブ

My Radio Life In Hawaii ハワイでラジオの仕事privacy

                   

キングズゲートでコンドミニアム生活
   
ハワイで長期滞在して仕事中、しばしば滞在していたのが、キングストリートから少し横に入ったキングズゲート Kings Gateというコンドミニアムだった。ハワイ大學から近くて、近くにスターマーケット(今はロングスドラグスになってしまっている!)があって、なにかと便利だった。一番問題だったのは、エアコンがないことだったかな。でも、それでも若さってのは強くて全く問題にせずなんとか過ごしていた。今もこの近くを通ると、ここで過ごした日々を思い出す。

キングズゲートから、ラジオの仕事場のドールキャナリーにはベレタニア通りを車でずっと走っていった。ダウンタウンあたりで一人仲間を拾って・・・そんな感じの朝だった。帰りはサウスキングストリートをノンビリ走ってきて、途中、腹が減ってたらZippysとかBurger Kingあたりでしっかり食べてたけど、今思うとよく食ってた。ワッパーが1ドルだったこともあったなあ。喜んで毎日ワッパー1個は食ってたか。

当時は、このコンドミニアムの周りは今ほどレストランは多くなかったけれど、それでも、Sushi KingやImanas Tei なんかもできてきて、中華の殿堂(?)キリンKirin もあるし食事もまあ充実してたかな。

このコンドミニアムの確か22階にいたのだけれど、そこまで高層階になるとアラワイ運河の向こうにかすかに海が見えたように覚えている。東京じゃせいぜい5階のレベルなので、なれない高さにすんでいるわけで、普通でもあまり落ち着かなかった。それなのに一度、結構強い風が吹いてきて、窓の網戸が吹っ飛んで22階からグランドレベルまで落ちていったことがあった。そっりゃさすがに怖かったかな。ゴミを出すにも、廊下のダッシュボードをあけてそのままゴミを捨てると、下のゴミ置き場まで一直線に落ちて行って終わり。凄いなあと思った。日本じゃ、ゴミ選別してちゃんと袋にいれてゴミ置き場に持っていくのにハワイは手際がいいもんだなあってことで。

そんな中、クリスマスがやってきて楽しく過ごしたと思うと、新年があけるわけである。その新年には、ちょっと参った。町中がドンパチドンパチと花火や爆竹クラッカーが鳴り響く。ちょっとじゃなく、派手に延々と年明ける前から年明けた朝までやり続ける。恐れ入ったなあ。途中、うるさいからドライブに行こうってんで出かけたら、H1の上を走ってても、モロに鼻に火薬の臭いが入ってくる。町中が火薬庫のような香りになるわけだ。

まあ、面白いっていえばそれもそうだ。でも、当時は考えてなかったけれど、今僕は犬がいて思うけれど、あれば犬はかわいそうだなあって。犬はあの手の爆発音はたいてい縮みあがってしまうほど怖がる。心臓が爆発するんじゃないかってくらい、呼吸がはやくなってよだれも出てくるような・・・。それを知ってしまってるから、ハワイの犬は年末年始は地獄だろうと思う。

ハワイの友達は多くはコンドミニアムに住んでいた。ワイキキから少し離れたあたりが多かったけれど、相場では当時は1000ドルから1200ドルが家賃だったかな。今じゃそれも相当高くなってるようだけれど。ハワイはホテルといい、不動産といいみんな値上がりが凄い。これじゃ、ハワイより日本のほうが家は安いって、本当に。

でも、ハワイのあの高層コンドはやっぱり魅力もある。なんたって、昼も夜も景色がきれいだ。その上、ローカルに人気のレストランが多いキングやカピオラニあたりにも近いコンドも多いから、住んでると外食が楽しくなる。不思議にワイキキには行かなくなるけど。

ワイキキのコンドに泊まってたこともあったけど、お笑いだけど、ワイキキで飯食ったことほとんどなかった。出かけてキングストリートやワイアラエあたりに行ってしまうんだな、何故か。まあ、すんでると習慣というか、自分の居やすい場所ができてきて、それが単にワイキキじゃなかったってことなんだろうなあ。いや、コンド生活、懐かしいわ。


MAHALO & ALOHA !!
    Takeshi