本文へスキップ

ハワイの音楽 Hawaiian Music

テレサ・ブライト  Teresa Bright privacy

   
                   

テレサブライトのラグジュアリーハワイアン
   
ハワイに行ってハワイに染まった頃
ハワイの音楽っていいなあ・・・そう思い始めたきっかけはこのテレサブライトのフラヘブンだった。六本木にWAVEというレコード店が昔あったのだけれど、そこではかなりニッチなCDも相当数おいてあって、このCDもそこでは手に入った。ハワイで聞いて、ハワイで買って、日本でも探したらほとんどの店ではこの作品は見つからなかったけれど、やっとWAVEで見つけたという記憶がある。まあ、これに限らずほとんどのハワイアンなんて日本では探せなかったのだけれど。案の定、輸入版だったから買わなかった(もし万一日本版なんてあれば買ってみようと思ったんだが・・・)

そんな小さなことまでこの作品のことは覚えている。そのくらい好きになったんだろう。この1曲目にフラヘヴンが収録されているけれど、毎年夏になるとこの曲を部屋で流す。時々インターネットラジオを聴いていて、この曲が流れてきたりするとそこで時間が止まる。そして曲の中に詰まった思い出が湧き出してきては、ハワイってやっぱりいいなあ・・・と、そんな感慨に浸りまくってしまう。

本当にハワイのイメージはこの曲のこんな感じなのだ。ふんわりしていて、平和で、和やかで、そして時がゆっくり永遠に続くような幸福感。僕にとってのハワイはこの曲のこんなイメージそのものなのだ。

テレサブライトは時々ライブでも歌ったりしていたので、その気になれば見に行って歌声をきくこともできたのだろう。だけど、結局いままで本人の声は聞かないできてしまった。別に言い訳ではないのだけれど、この最初に聞いたハワイの歌声は僕の中では永遠のままであって、そっとしておきたかったという気持ちもどこかにあった。なにか大事なハワイの宝物をもらったけれど、使うこともなく家の奥にしまってあるようなもの、僕にとってはそんな音楽だったんだろう。

テレサブライトは歌声が上品ではりがあって、それでいて透き通るような雰囲気を伝えてくれる。このエレガントでラグジュアリーなハワイには今でも夏になると心が癒される。

僕にとってのハワイ音楽の入り口であって、今も癒しの音楽。やはり変わらないハワイそのもの、です。


MAHALO & ALOHA !!
    Takeshi (ウェブマスター)