本文へスキップ

ハワイの音楽 Hawaiian Music ハワイホテルクラブ

オータサン  ちょっとまってください privacy

   
                   

オータサン ウクレレで演奏する「ちょっとまってください」
   
なめらかに優雅にちょっとまってください

オータサンという名前で親しまれているウクレレ奏者(本名はハーブ・オータ)。もちろんウクレレファンで知らない人はまずいない。ウクレレ奏者としてテクニックの話になるとジェイク・シマブクロがやはり登場するけれど、オータさんはテクニックなんてすごいに決まってるけれど、技術なんかよりハワイの音楽、ハワイの楽器ウクレレを、美しく優しくハワイの空のように優雅に演奏してくれる本当にハワイウクレレの心の伝道者とも言うべきミュージシャン。

そのオータサンが演奏している曲でなんとも心がなごんでしまうのが、この「ちょっとまってください」なのだ。この曲は、もともとがハワイの曲なんだけれど、日本ではその昔昭和歌謡曲の時代にゴールデンハーフという3人の女性ハーフグループが歌ってヒットしている。なので、昔の人でもこれは日本の歌だと思っているひとは多いんじゃないかな・・・。

でも、よく聞くと本当にメローな感じのホノボノバラード。ハワイの空が目に浮かぶような情景ソング。だから、やっぱりハワイ原曲といわれれば素直に納得できてしまう。

オータさんの演奏が本当になごみを感じて美しい。こういうウクレレが弾きたくてハワイでウクレレを買いこんだり、こんな曲をかもし出すウクレレの魅力をもっとしりたくてカマカの工場にお邪魔してみたり、ウクレレ作りの職人さんを訪ねてみたり、ウクレレを好きになったのは、全部オータさんが始まりだった。

今、夏がもうすぐやってくる季節になった。車の中でこのオータサンのちょっとまってくださいが毎日ヘビーローテーションになっている。オータサンのウクレレを聴くだけで、頭の中がハワイ色になれる。「ちょっとまってください」のCDはハワイでも日本でもあまりヒットしてない(知られてもいないかも?)。でも、僕にとっては夏を感じるときの最高の音楽、それはここ何年も変わっていない。


MAHALO & ALOHA !!
    Takeshi