本文へスキップ

ハワイの音楽 Hawaiian Music ハワイホテルクラブ

ハワイコールズ Hawaii Calls 懐かしさ全開!privacy

   
                   

ハワイコールズ Hawaii Calls を知る人はどのくらいいるのだろう
   
ハワイコールズという言葉を聞いて、こころときめく人は本当のハワイ第一世代なんじゃないだろうか。日本で、ハワイがまだまだ高嶺の花で、だれもほとんど行くことができなかった戦後の貧しい時期。ハワイは本当にものすごく贅沢な旅だったのだ。

そんな頃、日本にもハワイの優しくもとろけるような音楽が電波に乗って届いてきた。その代表格がこのハワイコールズだったろう。これは、1950年代からモアナサーフライダーホテルの中庭で定期的に音楽を中心とした番組を録音していて、日本でもアメリカ軍のFENというラジオ局で1950年代から1970年代初頭まで放送しては、ハワイ音楽を日本に紹介するきっかけになっていた。

今聞いても、本当になんの飾りもない純粋なハワイの雰囲気が伝わってくる音楽。もちろん、ハワイはこの当時すでにアメリカ領になっていたわけだから、すでに白人の解釈のハワイアンになっていたのも事実だろう。だから、きっと本来のハワイの人からすればこれも商業主義の音楽であって、ハワイ伝統の音楽はバイアスがかかってしまっているのだろう。

だから、これこそがハワイアンなどとも言いにくい。しかし、これは明らかに日本人にとってのハワイ音楽やハワイ文化に出会った黎明期であって、19世紀に海を渡って移住した日本人達を除けば、これを通してハワイの文化に出会った人たちがハワイファン第一世代といってもいいのだろうとおもう。

音楽は本当に懐かしさを運んでくる。このメロディーとレイドバックしたハワイの雰囲気。まさに僕にとっては子供の頃に聞いていたハワイの音楽そのもの。これをライブで聴いていた当時おじさんだった人たちはすでに他界してしまった方も多いんだろう、きっと。

僕が最初にハワイに行ったとき、出会った人の多くはこんなハワイの音楽を愛する優しいおじさんたちだった。もうすでに会うことはできなくなった人も多くてすごく寂しい。思い出は残っても、あの輝いていた時間はもどらない。

でも、こんな音楽をきくと当時のみなさんの顔が蘇ってくる。素敵な人たちだったなあって今も思う。

この鮮明に何かに呼び覚まされていく感覚。これは本当に、本当にハワイに呼ばれる感覚そのもの。ハワイコールズって、このことなんだろう。僕にとってのハワイコールズは正にこのことなんだ。

ハワイ、今も昔も最高の思い出をありがとう!!


MAHALO & ALOHA !!
    Takeshi